HOME > SASUKE BLOG > サスケの雑学 > 夏に健康でいるために必要な「塩」の話③ 久留米で低体温・低体力などの虚弱体質からオサラバしたいアナタへ

SASUKE BLOG

< 夏に健康でいるために必要な「塩」の話② 久留米で低体温・低体力などの虚弱体質からオサラバしたいアナタへ  |  一覧へ戻る  |  あなたはどれぐらい?健康投資力チェックテスト 久留米で低体温・低体力などの虚弱体質からオサラバしたいアナタへ >

夏に健康でいるために必要な「塩」の話③ 久留米で低体温・低体力などの虚弱体質からオサラバしたいアナタへ

塩、夏バテ、虚弱体質、低体温、低体力


健康な身体を大切にする素敵なアナタへ



☆たった4つのポイントで健康習慣を取り戻す 創健術伝道師 サスケ☆



久留米の創健スタジオSASUKEのサスケです



今回も前回に引き続き、夏の時期に特に必要なミネラルと塩についてお伝えしていきます



以下に当てはまる人はブログの内容を要チェックです



☆こんな人は要注意☆



◎安い食塩を普段から摂取している人



◎ジャンクフード(ファストフード)をよく食べている人



◎痛み(神経痛など全般的に)がなかなか改善されない人



◎むくみがなかなかとれない人



◎低体温(35度台)や冷え性の人



◎感情のコントロールができず、落ち着かない人




さて、梅雨も明け、一気に真夏へと環境が変化しています



熱中症や夏バテしないように健康管理への意識も高まる時期となってきました


前回のブログはこちら


夏に健康でいるために必要な「塩」の話②
 久留米で低体温・低体力などの虚弱体質からオサラバしたいアナタへ


https://www.souken-sasuke.com/blog/entry/post-168/



前回の続き‥



さて、「塩分をよく控えなさい」と言われますが、



制限すべきなのは「塩風味の塩」の精製塩であり、塩分ではありません



海水には100~200種類のミネラルが含まれています



ミネラルは単体で摂取をするよりも他のものとのバランスが重要です



例えば、血圧を正常に保つためには、



ナトリウムとカリウム、マグネシウムとカルシウムのバランスなど、



いくつものミネラルの比率が重要になります



海水からつくられた天然塩は、さまざまなミネラルがバランスよく含まれています



海水からあらゆるミネラルを取り除き、



塩化ナトリウムという1種類の物質(純度99%以上)にしたものが、精製塩です


塩、夏バテ、虚弱体質、低体温、低体力



学生時代に理科の実験で、ビーカーやフラスコに食塩水を入れて、



熱して塩をつくる実験をしたことはないでしょうか?



当然人工塩で薄めた溶液なので、しょっぱくなりますね



精製塩は白砂糖と同様に高純度の化学合成物質であり、



食品と言うよりも薬品
といっても過言ではありません



人間社会において保存や供給の面からは便利になりましたが、



製造過程を見ても不自然であり、健康にはならないものです



さて、厚生労働省や医師からは塩分を厳しく制限するように指導されています



食塩の1日摂取基準量の目安は、



男性  8g


女性  7g


高血圧 6g




とされていますが、



日本人の1日平均摂取量は11g程度とのことです


塩、夏バテ、虚弱体質、低体温、低体力



病院や治療食では、これらの基準にあてはめ、



味が薄い食事を我慢しながら食べている人も少なくないでしょう



制限するべきなのは、先ほどの精製塩であり、必要なミネラルの含まれた塩ではありません



現代人はミネラルの含まれた天然塩の摂取が不足しているのです



砂糖は嗜好品であり、生命維持には必要ありません



つまり、砂糖を一生摂取しなくても健康に生活できます



しかし、ミネラルの含まれた天然塩は生命活動には必要です



また、塩自体(ここでいうのは製造過程が自然の原理原則に基づいているもの)を摂取すると血流がよくなります


塩、夏バテ、虚弱体質、低体温、低体力




これが低体温を改善するための重要なポイントです



ただし、塩化ナトリウムだけだと血管に負担をかけ、



腎臓などの細かい血管が密集した臓器に負担をかけてしまいます




次回も塩の話が続きます



オススメは沖縄の塩「ぬちまーす」「雪塩」です



一体なぜこちらの塩が良いのでしょう



興味ある方は、今後のブログも参考にしてください

 

あなたがますます健康で幸せであることを僕は応援しています☆

健康に感謝☆

読んでいただいたあなたに感謝☆


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

創健スタジオSASUKEの特徴

予防医学健康法「SASUKE」を用いた創健術は、

健康の柱となる「血流」「姿勢」「呼吸」「栄養」の4つのバランスを整えます!

KAATSUトレーニング・ピラティス・整体・栄養学・東洋医学・脳科学等を総合的に組み合わせたオリジナルの健康法となります!

私たちの身体には健康増進エネルギーである「自然治癒力」「免疫力」「代謝力」が備わっており、

毎日快適に過ごせるように設計されています!

しかし、日常での生活習慣や目には見えない細かい何らかの原因で、

健康増進エネルギーがうまく働かず不健康の状態に陥ってしまっているのです!

身体が本来持つ健康増進エネルギーを回復・増進し導くサポートをさせていただきます!

不快な症状の原因を多分野から解明し、それに対する施術を行い、

日常生活でのセルフケアアドバイス・健康で心身共に豊かな生活を送るための

「あなたオリジナルの健康コンサルティング」をお手伝いします

アンチエイジング、ダイエット、身体の不調からの改善、美姿勢、リハビリなどを目的とする方にオススメです!

今までの実績

・競輪選手の動作改善(ピラティスを主に用いて)

・野球選手の肉離れの早期回復及びパフォーマンスアップ(KAATSUリハビリ&最新電気治療&ピラティスを用いて)

・女性のむくみ、冷え性、肌荒れ、不妊症、血流循環不良による婦人科系のトラブルの改善(KAATSUトレーニング&ピラティス&SASUKE式整体)

・頭痛改善(栄養改善&ピラティス&SASUKE式整体)

・半身麻痺の患者の運動機能改善(最新電気治療&KAATSUリハビリ&SASUKE式整体)

・高齢者の関節痛や神経痛改善(最新電気治療&ピラティスや歩行指導、姿勢指導等の運動療法&栄養改善)

・リバウンドさせない健康ダイエット(栄養改善&KAATSUトレーニング&ピラティス&SASUKE式整体)

・プロのトップモデルに対する歩行指導及びセルフコンディショニング指導

・椎間板ヘルニアや重度機能障害の運動療法機能改善及び早期回復(最新電気治療&ピラティス&KAATSUリハビリ)

・美肌ケア(最新電気治療&栄養改善指導)

・モテ姿勢指導(健康歩行と美姿勢歩行指導&各動作の機能改善)

・骨折や捻挫等、スポーツ障害や日常生活での機能回復及びリハビリ(最新電気治療&KAATSUリハビリ&ピラティス&栄養改善)

・運動部学生へのパフォーマンスアップ指導及びケガの予防、セルフケア指導等(最新電気治療&ピラティス&栄養改善)※出張含む

-------------------------------------------------------------------------------------------------

カテゴリ:

< 夏に健康でいるために必要な「塩」の話② 久留米で低体温・低体力などの虚弱体質からオサラバしたいアナタへ  |  一覧へ戻る  |  あなたはどれぐらい?健康投資力チェックテスト 久留米で低体温・低体力などの虚弱体質からオサラバしたいアナタへ >

同じカテゴリの記事

2019/08/06アンチエイジングサスケの雑学ダイエットトレーナー サスケリハビリ東洋医学栄養健康法血液健康法

夏に健康でいるために必要な「塩」の話② …

健康な身体を大切にする素敵なアナタへ ☆たった4つのポイントで健康習慣を取り戻す 創健術伝道師 サスケ☆ 久留米の創健…


2019/08/04アンチエイジングサスケの雑学ダイエットトレーナー サスケリハビリ東洋医学栄養健康法血液健康法

夏に健康でいるために必要な「塩」の話① …

健康な身体を大切にする素敵なアナタへ ☆たった4つのポイントで健康習慣を取り戻す 創健術伝道師 サスケ☆ 久留米の創健…


2019/08/02アンチエイジングサスケの雑学トレーナー サスケ東洋医学栄養健康法血液健康法

陰陽五行でみる「夏」の臓器と注意したい食…

健康な身体を大切にする素敵なアナタへ ☆たった4つのポイントで健康習慣を取り戻す 創健術伝道師 サスケ☆ 久留米の創健…


2019/07/21アンチエイジングサスケの雑学ダイエットトレーナー サスケトレーニング東洋医学栄養健康法

夏に向けてダイエットで失敗する人に当ては…

健康な身体を大切にする素敵なアナタへ ☆たった4つのポイントで健康習慣を取り戻す 創健術伝…


アクセスよくある質問

このページのトップへ