HOME > 創健用語集 > アンチエイジングに最適な食べ方とは?

創健用語集

< そもそもビタミンとミネラルって、どんな働き?  |  一覧へ戻る  |  そもそも運動の効果って何? >

アンチエイジングに最適な食べ方とは?

1つの食品で1日に必要な栄養素をバランスよく摂れる完全食品は存在しないので、

それぞれの栄養素の含まれた
食品を理解し、バランス良く摂ることが重要となります!

ざっくり言うと、ポイントは五大栄養素を意識して過不足なく摂るようにすることです!

 
 
わかりやすく言うと、毎食の内容を主食+主菜+副菜にすることです!
 

主食米やパン等の糖質(カテゴリー1)、

主菜魚や肉や卵や豆類のたんぱく質と脂質(カテゴリー2)、

副菜野菜や海藻やキノコなどビタミンやミネラルを含む食品(カテゴリー3)を選択するのが好ましいです!

 
 
さらに、果物(カテゴリー6)と乳製品(カテゴリー4)を目的に応じてプラスしておくと栄養バランスとしては最適です!

※カテゴリー〇〇という概念は栄養コンシェルジュ協会の食品ジャンル分けのことを指しています
 
 
ここで、気をつけたいことは、主食(カテゴリー1)、主菜(カテゴリー2D、2E)の摂りすぎはカロリー過多になりやすいので注意することです!

 
 
一方、副菜(カテゴリー3)は抗酸化物質が摂取できるので、たっぷり摂って問題はないです!

バケツ3杯食べても問題ありません笑



 
細胞の老化はフリーラジカルによる細胞膜の酸化が原因です!

 
 
抗酸化作用のあるファイトケミカルを野菜、果物、海藻から摂取することが重要となります!

 
 
特に抗酸化ビタミン(A、C、E)やポリフェノールが効果的です!

 
 
栄養バランスの比率で言うと、炭水化物:タンパク質:脂質=6:2:2がバランス食となり、理想的です!

 
 
低カロリーで、良質なたんぱく質を摂ることがSODを増やしアンチエイジングにもつながります!


もちろん、目的に応じて内容は変わります!


< そもそもビタミンとミネラルって、どんな働き?  |  一覧へ戻る  |  そもそも運動の効果って何? >

アクセスよくある質問

このページのトップへ