HOME > 体質セルフチェック > 栄養健康度

体質セルフチェック

栄養健康度

栄養健康度

さて、チェックテストいかがだったでしょうか?

栄養素の摂取状態を把握することで、あなたの身体の状態がこれからどうなっていくかの将来を予測することも可能です!

その中で、ダイエット、アンチエイジング、肥満予防、内臓疲労や栄養不足、偏食による未病の発症などの実態を見つめ直し、各機能の維持・改善や向上につなげることも可能となります!

ところで、現在のTVや雑誌で紹介されるほとんどの健康栄養情報に欠落している情報があります! それは、あなたにとって正しい栄養素の摂取の仕方を伝えている訳では無いと言うこと! 言い換えれば、効果が出る人もいれば、効果の出ない人もいるのが当然ということになります! よって、重要なのはあなたの現在の栄養摂取状態がどんな状態であるか現状を知ると言うことです!

ただし、血液検査や精密検査だけではなかなかわかりません! 東洋医学では「舌診」「顔診」など身体のサインから状態を把握する方法があります! ベテランの鍼灸の先生ともなると脈を診ただけで判断する「脈診」というのもあります!

また、「足がつる」「頭痛がする」「お腹がむかむかする」「眼がしょぼしょぼする」など栄養素不足や栄養過多で起こり得る症状も様々です! 僕自身も中学校から偏頭痛に悩まされており、その原因がチョコレートやワインなどに含まれる成分だったと知ってからはとても驚きました! もちろん、人によって発症するしないがあります! このように個人によって差が生まれてしまうからこそ、様々な視点からあなたの栄養摂取状態を把握することが重要となります! さて、BMIというのは骨格指数とも言い、世界共通の指数となります! 最新の研究では免疫力との関係性も解明されてきました! 実際は、筋肉と脂肪の比率で推し量っているわけではないので、あくまで目安となります! 最近では世界のプロモデルがコンテスト出場するための基準として採用されています! この数値が少なすぎても、多すぎても病気を引き起こす要因として証明されてきました!

また、ダイエット、肥満予防、アンチエイジングいずれにも共通する点があります! その一部を紹介します!

☆ダイエット、肥満予防、アンチエイジングのポイント☆

  • 腸内環境を整えること
  • 便秘をなくすこと
  • 空腹時間をつくること
  • 食べ物の組み合わせ

などのポイントがあります!

あなたにあった栄養素の摂取を学び、実践して頂くことで、流行に惑わされない健康作りを10年、20年後も続けることが可能となるでしょう!



アクセスよくある質問

このページのトップへ