HOME > SASUKE BLOG > サスケの雑学 > 鎮痛剤など薬を使用せず、自然に痛みを緩和させる方法

SASUKE BLOG

< ◎消炎鎮痛剤を使用した時に起こる身体反応◎  |  一覧へ戻る  |  その痛み〇〇不足が原因かも‥痛みと栄養の関係 >

鎮痛剤など薬を使用せず、自然に痛みを緩和させる方法

自然治癒力、頭痛、生理痛、痛み

健康な身体を大切にする素敵なアナタへ


☆たった4つのポイントで健康習慣を取り戻す 創健術伝道師 サスケ☆


久留米の創健スタジオSASUKEのサスケです!



今回は、痛みのメカニズムついてお伝えしていきます



以下に当てはまる人はブログの内容を要チェックです





☆こんな人は要注意☆



◎頭痛の時は、いつも頭痛薬を使用してしのいでいる人



◎生理痛の時は、いつも生理痛薬を使用してしのいでいる人



◎変形性膝関節症など、関節痛時にいつも湿布薬や痛み止めでしのいでいる人



◎とにかく痛くなったら痛み止めでいつもあたり前のようにしのいでいる人





前回のブログはコチラ



◎消炎鎮痛剤を使用した時に起こる身体反応◎


http://www.souken-sasuke.com/blog/entry/post-148/



今回は基本的な痛みについてのメカニズムと痛みの乗り越え方についてお伝えしていきます




◎ホットよりもアイスの方が血流量を一時的に上げる◎



実は急激な痛みに関しては、



まず「アイシング」が正解です



今では、野球やサッカーなど試合後には「アイシング」している姿も当たり前になりました



冷やすことで一時的に血管が収縮しますが、身体の防御反応(元に戻そうとする力)が働き、



下がった血流量を引き上げるために、一時的に約1.5倍ほど血管が拡張します



拡張した血管内を酸素と栄養の詰まったみずみずしい新鮮な血液が、



負傷したり、弱っているところへ流れて回復をサポート
するのです



また、冷やす温度やどういうもので冷やすかがめっちゃ重要です



それは後で説明がありますので、続きを読んでください



整形外科や整骨院などでよく見られる「変形性膝関節症(OA)」などでは、



熱を持ちすぎるとプロスタグランジンが骨を溶かします



カルシウムは熱に弱く、変形しやすいので、



ここで「冷やす」ことが重要になります



昔は、整形外科に行くと



「膝に水がたまるといけないので、水を抜いていた」のが当たり前でしたが



これも意味があって、水がたまっているのです



膝などの関節炎症が起きるというのは、人間の世界でいう「火事」が起きているの同様です



「火事」が起きると、当然、燃え広がらないように水をかけたりしますよね?



それと一緒で、体内でも関節付近の炎症を食い止めるため、



応急処置で周囲の細胞から水を集めて「冷やす」ことに徹底
します



つまり、「膝」や「足首」など水がたまると言うことは、



「おーい!!まだ火事小火(ぼや)が残っているよ~~!!!」



と言うことです



しっかり冷やすために外からアイシングをして、継続すれば関節の水も貯まらなくなります



こういうメカニズムです



◎アイシングの一番良い方法◎



ズバリ



「氷」+「水」



あまり知られていませんが、なんと最も細胞が活性化する温度は0度なのです



「氷」だけで冷やす方も多いですが、



氷のみだと0度以下に下がりすぎてしまい、



凍傷になるリスクがあり、治癒効果も下がってしまいます



よって、「氷」と「水」のセットにすることで0度の状態を保ち、



最高の治癒効果を発揮する状態を作ることが誰でも簡単にできるのです



また、アイシングシートやアイスノンなどの保冷剤は効果がありません



熱をもち、冷え不足になったり冷えすぎたりするからです



また冷やす時間は、身体がぞくぞくするまでが正解です



「まだ、冷えて気持ちいいなぁ~」



と、感じる間はまだ冷えたりませんので、氷を追加するなどして継続して冷やしましょう



身体が「もう冷やさなくてよいよ」とお知らせするときには身体全体がぞくぞくしてきます



ぞくぞくしたら冷やすのは終わって良いです



※参考文献 「元気に生きるその極意ー健康増進力ー」 金井 聖徳


次回は、痛みを緩和させたり、コントロールする栄養素のお話しです


あなたがますます健康で幸せであることを僕は応援しています☆

健康に感謝☆

読んでいただいたあなたに感謝☆


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

創健スタジオSASUKEの特徴

予防医学健康法「SASUKE」を用いた創健術は、

健康の柱となる「血流」「姿勢」「呼吸」「栄養」の4つのバランスを整えます!

KAATSUトレーニング・ピラティス・整体・栄養学・東洋医学・脳科学等を総合的に組み合わせたオリジナルの健康法となります!

私たちの身体には健康増進エネルギーである「自然治癒力」「免疫力」「代謝力」が備わっており、

毎日快適に過ごせるように設計されています!

しかし、日常での生活習慣や目には見えない細かい何らかの原因で、

健康増進エネルギーがうまく働かず不健康の状態に陥ってしまっているのです!

身体が本来持つ健康増進エネルギーを回復・増進し導くサポートをさせていただきます!

不快な症状の原因を多分野から解明し、それに対する施術を行い、

日常生活でのセルフケアアドバイス・健康で心身共に豊かな生活を送るための

「あなたオリジナルの健康コンサルティング」をお手伝いします

アンチエイジング、ダイエット、身体の不調からの改善、美姿勢、リハビリなどを目的とする方にオススメです!

今までの実績

・競輪選手の動作改善(ピラティスを主に用いて)

・野球選手の肉離れの早期回復及びパフォーマンスアップ(KAATSUリハビリ&最新電気治療&ピラティスを用いて)

・女性のむくみ、冷え性、肌荒れ、不妊症、血流循環不良による婦人科系のトラブルの改善(KAATSUトレーニング&ピラティス&SASUKE式整体)

・頭痛改善(栄養改善&ピラティス&SASUKE式整体)

・半身麻痺の患者の運動機能改善(最新電気治療&KAATSUリハビリ&SASUKE式整体)

・高齢者の関節痛や神経痛改善(最新電気治療&ピラティスや歩行指導、姿勢指導等の運動療法&栄養改善)

・リバウンドさせない健康ダイエット(栄養改善&KAATSUトレーニング&ピラティス&SASUKE式整体)

・プロのトップモデルに対する歩行指導及びセルフコンディショニング指導

・椎間板ヘルニアや重度機能障害の運動療法機能改善及び早期回復(最新電気治療&ピラティス&KAATSUリハビリ)

・美肌ケア(最新電気治療&栄養改善指導)

・モテ姿勢指導(健康歩行と美姿勢歩行指導&各動作の機能改善)

・骨折や捻挫等、スポーツ障害や日常生活での機能回復及びリハビリ(最新電気治療&KAATSUリハビリ&ピラティス&栄養改善)

・運動部学生へのパフォーマンスアップ指導及びケガの予防、セルフケア指導等(最新電気治療&ピラティス&栄養改善)※出張含む

-------------------------------------------------------------------------------------------------


カテゴリ:

< ◎消炎鎮痛剤を使用した時に起こる身体反応◎  |  一覧へ戻る  |  その痛み〇〇不足が原因かも‥痛みと栄養の関係 >

同じカテゴリの記事

2019/03/15サスケの雑学トレーナー サスケリハビリ栄養健康法

その痛み〇〇不足が原因かも‥痛みと栄養の…

健康な身体を大切にする素敵なアナタへ ☆たった4つのポイントで健康習慣を取り戻す 創健術伝道師 サスケ☆ 久留米の創健…


2019/03/13サスケの雑学トレーナー サスケリハビリ

◎消炎鎮痛剤を使用した時に起こる身体反応…

健康な身体を大切にする素敵なアナタへ ☆たった4つのポイントで健康習慣を取り戻す 創健術伝道師 サスケ☆ 久留米の創健…


2019/03/12サスケの雑学トレーナー サスケリハビリ血液健康法

様々な痛みに苦しんでいる方へ ◎痛み始め…

健康な身体を大切にする素敵なアナタへ ☆たった4つのポイントで健康習慣を取り戻す 創健術伝道師 サスケ☆ 久留米の創健…


2019/03/10サスケの雑学トレーナー サスケ東洋医学栄養健康法

陰陽五行でみる「春」の臓器と注意したい食…

健康な身体を大切にする素敵なアナタへ ☆たった4つのポイントで健康習慣を取り戻す 創健術伝道師 サスケ☆ 久留米の創健…


2019/03/05サスケの雑学トレーナー サスケ姿勢健康法東洋医学血液健康法

緊張型頭痛改善方法②~手指から始まるコリ…

健康な身体を大切にする素敵なアナタへ ☆たった4つのポイントで健康習慣を取り戻す 創健術伝道師 サスケ☆ 久留米の創健…


アクセスよくある質問

このページのトップへ