HOME > SASUKE BLOG > サスケの雑学 > なぜココアで冷え性が改善されないのか?

SASUKE BLOG

< 自己流の健康法で何をやっても上手くいかない人の特徴とは... その2  |  一覧へ戻る  |  ☆2018年 感謝 ⇒ 2019年 感謝☆ >

なぜココアで冷え性が改善されないのか?

久留米の創健スタジオSASUKEのサスケです!


さて、今回もスタジオで良く聞かれるあるある話です


初回カウンセリング時やスタジオへのお問い合わせで相談を受ける中で、


よく聞かれるのが、こんなフレーズです



※写真はイメージです


冷え性改善のために毎日ココア飲んでますけど…何も変化ありません」


「本や雑誌、TV番組で紹介された冷え性改善法で悩みが改善しません」



などなどよくこの類いのお言葉を受けます


このように冷え性改善に向けてめっちゃ頑張っているのに



『何をやってもうまくいかない人』っていませんか?



 
 
 
というわけで、一体なぜなのでしょう?
 
 
「えっ、私冷え性改善のためにめっちゃココア飲んでますけど…」
 
 
こんな方、たくさん、たーくさんいますね


僕自身は冷え性では無いですが、ココア大好きです☆

 
 
実は、ココアは間違いなく冷え性の改善に役に立ちます
 
 
しかし、、どんなココアを選ぶかで大きく効果が異なります
 
 
いつも、ココアの摂取をして、冷え性が改善されていないと感じる方は、
 
 
ここから先を読むと、解決のヒントとなるでしょう
 
 
さて、ココアの選び方ですが、
 
 
 
「ミルクココア」ではなく、


「ブラックココア」が冷え性改善には正解


 
 
ココアの主成分はカカオポリフェノールです
 

強い抗酸化作用があり、血糖値の抑制や血流の促進のほか、多様な健康効果が研究で分かっています
 

ポリフェノール以外にも、リラックス効果が注目されるテオブロミンや、


食物繊維のリグニン、カルシウム、マグネシウムなどの微量元素も含まれています



 
ただし、そんなココアも砂糖や人工甘味料(ブドウ糖果糖液等)が含まれると効果が減少してしまいます
上記の砂糖は身体を冷やす作用があるため、エネルギーにはなっても、


身体を温める作用はありません
また、ブラックココアには鉄分も多く含まれています
これも血液を増やす材料となり、冷え性改善に役立ちます



 
鉄分と言うと「ほうれん草」「レバーがパッと思いつきますが、
ほうれん草には1束食べてやっと2mgの鉄分摂取が可能となり、
たくさん食べるのは大変です


ここで、一日に必要な鉄の摂取推奨量(日本人の食事摂取基準2015、参照)を

お伝えしておきます


冷え性の方だけで無く、アスリートで持久力を高めたい方にも鉄成分の知識は必要ですので


どうぞ参考にしてみてください



男性

10~11歳 10.0㎎

12~14歳 11.5㎎

15~17歳 9.5㎎

18~29歳 7.0㎎

30~69歳 7.5㎎

70歳以上 7.0㎎


女性(月経あり)

10~14歳 10.0㎎

15~69歳 10.5㎎


女性(月経無し)


10~14歳 10.0㎎

15~17歳 7.0㎎

18~29歳 6.0㎎

30~69歳 6.5㎎

70歳以上 6.0㎎



※小児や一回の経血量が多い(80㎖以上)女性は除外しております

 
あなたの性別や年齢、女性であれば月経有る無しで参考にして、鉄の補給を心がけてみましょう



また、レバーも苦手な人が多く、
「ほうれん草もレバーも食べることが困難な私は、鉄分をどうやって補給したら良いの?」
「やっぱりサプリメントで摂るべきかしら?」
と、なってしまいますよね?


ブラックココアで摂取する場合は、



大さじ12.5杯で14.0㎎の鉄が摂取可能です

よって、スプーン一杯で約1㎎と考えると


一般のティーカップに大さじ約2~3杯のココアを入れる場合、


おやつ代わりに
一日ティーカップ2~3杯を飲むだけでも、


鉄の補給がスムーズになります

 
安易にサプリメントで摂取する前に、食品から摂取を心がけることをオススメします
でも、ココアが身体に良いからと言って大量に飲みすぎるのは、注意が必要です


実際にブラックココアを飲むときには、やはり甘みが足りないので継続して飲むにはつらいかなぁと思います


よって、
ハチミツを少し混ぜると甘みがあるので、おいしく継続できると言えます


ハチミツは少量であれば身体を冷やすことはありません


しかし、鉄吸収を阻害するという研究報告もあるので、


ブラックココアのみで頑張って飲める人は、何も追加せずに飲むと良いでしょう



市販のブラックココアを選ぶ際は、裏側の表示をみて、


添加物が入っていない(あまりいろいろ入ってないシンプルなヤツ)を


選んで購入すると良い
でしょう


2週間から1ヶ月かけて、身体のシステムがどう変化するか継続してみましょう

血液(赤血球)は120日かけて、産生されていくので、


しっかり体感するためには数ヶ月の実践が必要ですが、


冷え性は様々な病気の引き金となるので、放置せず早期解決した方が良いです


また、ブログで様々な内容をお届けしていきます

 
 
あなたがますます健康で幸せであることを僕は応援しています☆

健康に感謝☆

読んでいただいたあなたに感謝☆


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


創健スタジオSASUKEの特徴

予防医学健康法「SASUKE」を用いた創健術は、

健康の柱となる「血流」「姿勢」「呼吸」「栄養」の4つのバランスを整えます!

KAATSUトレーニング・ピラティス・整体・栄養学・東洋医学・脳科学等を総合的に組み合わせたオリジナルの健康法となります!

私たちの身体には健康増進エネルギーである「自然治癒力」「免疫力」「代謝力」が備わっており、

毎日快適に過ごせるように設計されています!

しかし、日常での生活習慣や目には見えない細かい何らかの原因で、

健康増進エネルギーがうまく働かず不健康の状態に陥ってしまっているのです!

身体が本来持つ健康増進エネルギーを回復・増進し導くサポートをさせていただきます!

不快な症状の原因を多分野から解明し、それに対する施術を行い、

日常生活でのセルフケアアドバイス・健康で心身共に豊かな生活を送るための

「あなたオリジナルの健康コンサルティング」をお手伝いします

アンチエイジング、ダイエット、身体の不調からの改善、美姿勢、リハビリなどを目的とする方にオススメです!
今までの実績


・競輪選手の動作改善(ピラティスを主に用いて)

・野球選手の肉離れの早期回復及びパフォーマンスアップ(KAATSUリハビリ&最新電気治療&ピラティスを用いて)

・女性のむくみ、冷え性、肌荒れ、不妊症、血流循環不良による婦人科系のトラブルの改善(KAATSUトレーニング&ピラティス&SASUKE式整体)

・頭痛改善(栄養改善&ピラティス&SASUKE式整体)

・半身麻痺の患者の運動機能改善(最新電気治療&KAATSUリハビリ&SASUKE式整体)

・高齢者の関節痛や神経痛改善(最新電気治療&ピラティスや歩行指導、姿勢指導等の運動療法&栄養改善)

・リバウンドさせない健康ダイエット(栄養改善&KAATSUトレーニング&ピラティス&SASUKE式整体)

・プロのトップモデルに対する歩行指導及びセルフコンディショニング指導

・椎間板ヘルニアや重度機能障害の運動療法機能改善及び早期回復(最新電気治療&ピラティス&KAATSUリハビリ)

・美肌ケア(最新電気治療&栄養改善指導)

・モテ姿勢指導(健康歩行と美姿勢歩行指導&各動作の機能改善)

・骨折や捻挫等、スポーツ障害や日常生活での機能回復及びリハビリ(最新電気治療&KAATSUリハビリ&ピラティス&栄養改善)

・運動部学生へのパフォーマンスアップ指導及びケガの予防、セルフケア指導等(最新電気治療&ピラティス&栄養改善)※出張含む

---------------------------------------------------------------------------------------------------

 
 
 
 

カテゴリ:

< 自己流の健康法で何をやっても上手くいかない人の特徴とは... その2  |  一覧へ戻る  |  ☆2018年 感謝 ⇒ 2019年 感謝☆ >

同じカテゴリの記事

2019/01/06サスケの雑学トレーナー サスケ東洋医学栄養健康法血液健康法

ショウガで冷え性が改善されない?目的に応…

久留米の創健スタジオSASUKEのサスケです! さて、今回もスタジオで良く聞かれるあるある話です …


2019/01/05サスケの雑学トレーナー サスケ

☆2018年 感謝 ⇒ 2019年 感謝…

久留米の創健スタジオSASUKEのサスケです! 皆様、明けましておめでとうございます☆ …


2018/12/01サスケの雑学トレーナー サスケ東洋医学栄養健康法血液健康法

現代型冷え性の原因と解決法

久留米の創健スタジオSASUKEのサスケです! さて、今回もスタジオで良く聞かれるあるある話です …


アクセスよくある質問

このページのトップへ