HOME > SASUKE BLOG > サスケの雑学 > 健康作りのライバルは〇〇です

SASUKE BLOG

< 加圧サイクルインストラクター養成講習 実施報告  |  一覧へ戻る  |  添加物✖人間の身体=〇〇? その1 >

健康作りのライバルは〇〇です

久留米の創健スタジオSASUKEのサスケです!


さて、今回もスタジオで良く聞かれるあるある話です


スタジオでトレーニング指導やリハビリ、整体、栄養カウンセリング等をしているときに、


良く聞かれるのが、こんなフレーズです



※写真はイメージです


「〇〇さんが私より後にダイエット始めたのに、私よりも早く痩せている」


「〇〇さんが私より後にリハビリや施術を受けたのに、私より先に元気になっている」


「〇〇さんが私より後にパフォーマンスアップトレーニングを受けたのに、私より先にゴルフが上手くなっている」



などなどよくこの類いのお言葉を受けます



まず先に結論を正しく言うと、



「健康作りのライバルは自分自身である」のが正解




一体なぜでしょうか?


気になる方は続きを読んでみてください


一般的にトレーニングやリハビリ、ダイエットなど人は誰しも、目標を立て実践していきます


「あの人は~」「この人は~」


と、誰かと比べて一喜一憂したり、落胆する人も多くいらっしゃいます


しかし、このとき比べている対象は「あの人ですが、本当に比べるべき対象は誰なのでしょうか?


例えば、自分では1ヶ月で1㎏痩せて、ダイエットが上手くいっていると思っていても、


比べる対象が元々巨漢の方で1ヶ月で何十㎏も痩せている人と比べてしまうと、


自分は実は上手くいってないのではと不安になります


でも、多くの方が巨漢では無いので、そのように大幅な減量だけが正しいことになってしまうと、


ほとんどの方が減量率が低く、失敗していると勘違いしてしまいます


健康作り(トレーニング、リハビリ、ダイエット、不快な症状からの改善)では、


他人と比べることにあまり意味がありません



他人と比べるよりも、自分の身体の変化を感じましょう


ダイエットでは「今まで入らなかった服が入るようになった」


トレーニングでは「ゴルフの飛距離が伸びた」


リハビリでは「今までちょっと歩くと腰が痛かったのが、長く歩けるようになった」


頭痛持ちの人であれば「今までよりも頭痛になる頻度が減ったし、頭痛が起きてもすぐに対処できるようになった」


などなど、比べるのは前回の施術やトレーニングを受けた自分でも良いし、


不快な症状で悩んでいた1ヶ月前、1年前、10年前でも構いません


以前の自分自身の健康状態から
どんなことをして、どんな風に改善したり、変化が起きてきたのか


当スタジオで言うと皆様の悩みがどんなケアで問題解決していったのか、


どんなセルフケアで不快な症状の予防や軽減につながったのか、


自分自身の分析をしながら、



日々ご自身の健康にとって必要な行動を選択し、



意識を積み重ねることが重要
です


自分自身の身体の微妙な変化を感じ取るクセを身につけることで、


体調管理もスムーズになります



ダイエットにおいては「どんな食品をどれぐらい食べると脂肪に直結するのか?」


トレーニングにおいては「どんなエクササイズをどれぐらい実践すると筋肉に刺激が適切に加わるのか?」


リハビリにおいては「どんな動作をすると痛むのか?無意識に痛くなる動作を行っていないのか?」


予防医学的には「どんな食品を食べると不調になるのか?どんな姿勢をするとケガにつながるのか?」


我々の身体には様々なシステムが存在しており、


西洋医学や東洋医学を総合的に組み合わせていくと、


様々なお知らせをしてくれていることがわかります


例えば、東洋医学的評価では、目の下のクマや爪の色・形、舌の状態、足裏の反射区等、


自分自身の身体の現状を知る事が可能
です


これがいわゆる「身体の声」です


この「身体の声」の読み解き方を自分自身で身につければ、


セルフケアが可能となり、不必要な健康投資も減っていきます



個人個人で身体の中身は千差万別です


世界にひとつしか無いオンリーワンの存在だからこそ、


皆それぞれに「不健康になる生き様」もあれば「健康になる生き様」もあります


どんな選択肢を選んでも僕は正解だと思いますが、


個人的に病気やケガを経験したり、大切な人を病気で亡くした立場から言うと、


誰もが健康で豊かで心身共に幸せであって欲しいと本気で思っています


今日の元気な自分が1年後も10年後も維持できたり、


もっと元気で健康な自分でいられるように他人と比べず、


今の自分や過去の自分と向き合いながら健康作りを目指して欲しいです


元気になって、出来ないことができるようになった感動や、


当たり前に出来ている日々の動作の健康への感謝ももって欲しいと願います


ぜひ、健康作りでは他人と比べず、自分と向き合うようにしてみてください



あなたがますます健康で幸せであることを僕は応援しています☆

健康に感謝☆

読んでいただいたあなたに感謝☆

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


創健スタジオSASUKEの特徴

予防医学健康法「SASUKE」を用いたSASUKE式ボディメイクは、

健康の柱となる「血流」「姿勢」「呼吸」「栄養」の4つのバランスを整えます!

KAATSUトレーニング・ピラティス・整体・栄養学・東洋医学等を総合的に組み合わせたオリジナルの健康法となります!

私たちの体には自己治癒力が備わっており、快適に過ごせるように設計されています!

しかし何らかの原因でこれらがうまく働かず不健康の状態に陥ってしまっているのです!

身体が本来持つ健康増進エネルギーを高め、代謝、免疫力、自然治癒力を回復・増進し導くお手伝いです!

正常な身体システム維持を困難にしている原因を多方面から解明し、それに対する施術を行い日常生活のアドバイス・快適な生活を過ごすためのお手伝いです!

アンチエイジング、ダイエット、身体の不調からの改善、美姿勢、リハビリなどを目的とする方にオススメです!

今までの実績


競輪選手の動作改善(ピラティスを主に用いて)

野球選手の肉離れの早期回復及びパフォーマンスアップ(KAATSUリハビリ&最新電気治療&ピラティスを用いて)

女性のむくみ、冷え性、肌荒れ、不妊症、血流循環不良による婦人科系のトラブルの改善(KAATSUトレーニング&ピラティス&SASUKE式整体)

頭痛・肩凝り・頚部重感改善(栄養改善&ピラティス&SASUKE式整体)

半身麻痺の患者の運動機能改善(最新電気治療&KAATSUリハビリ&SASUKE式整体)

高齢者の関節痛や神経痛改善(最新電気治療&ピラティスや歩行指導、姿勢指導等の運動療法&栄養改善)

リバウンドさせない健康ダイエット(栄養改善&KAATSUトレーニング&ピラティス&SASUKE式整体)

プロのトップモデルに対する歩行指導及びセルフコンディショニング指導

椎間板ヘルニアや重度機能障害の運動療法機能改善及び早期回復(最新電気治療&ピラティス&KAATSUリハビリ)

美肌ケア(最新電気治療&栄養改善指導)

モテ姿勢指導(健康歩行と美姿勢歩行指導&各動作の機能改善)

骨折や捻挫等、スポーツ障害や日常生活での機能回復及びリハビリ(最新電気治療&KAATSUリハビリ&ピラティス&栄養改善)

運動部学生へのパフォーマンスアップ指導及びケガの予防、セルフケア指導等(最新電気治療&ピラティス&栄養改善)※出張含む

【メディア出演】

「覚悟の瞬間 やりたいことを極めた大人がカッコイイ」

http://www.kakugo.tv/person/detkbm3zb.html



「生活情報サイト 日本元気レポート ゲストレポーター佐藤弘道」

http://www.hoyumedia.com/co/rd/sasuke/


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


カテゴリ:

< 加圧サイクルインストラクター養成講習 実施報告  |  一覧へ戻る  |  添加物✖人間の身体=〇〇? その1 >

同じカテゴリの記事

2018/11/15サスケの雑学トレーナー サスケ栄養健康法血液健康法

添加物✖人間の身体=〇〇? その1

久留米の創健スタジオSASUKEのサスケです! さて、今回もスタジオで良く聞かれるあるある話です スタジオでトレーニング…


2018/11/01アンチエイジングサスケの雑学ダイエットトレーナー サスケトレーニングリハビリ東洋医学血液健康法

加圧サイクルインストラクター養成講習 実…

久留米の創健スタジオSASUKEのサスケです! 9月、10月とKAATSUサイクルインストラクターの養成講習が無事に終了…


2018/10/29サスケの雑学ダイエットトレーナー サスケトレーニングリハビリ姿勢健康法栄養健康法

関節痛軽減やリハビリのためのダイエットで…

久留米の創健スタジオSASUKEのサスケです! さて、今回もスタジオで良く聞かれるあるある話です …


アクセスよくある質問

このページのトップへ