HOME > SASUKE BLOG > サスケの雑学 > 春に綺麗になりたい方へ 成功するダイエットと失敗するダイエット 失敗する人に当てはまる特徴

SASUKE BLOG

< 笑うと痩せるのはほんまでっか? 呼吸と笑いの関係  |  一覧へ戻る  |  春に綺麗になりたい方へ 成功するダイエットと失敗するダイエット 失敗から成功に導く具体的な改善法 >

春に綺麗になりたい方へ 成功するダイエットと失敗するダイエット 失敗する人に当てはまる特徴

久留米の創健スタジオSASUKEのサスケです☆




さて、春になり、ダイエットを頑張りたい方へのサポートにつながるアドバイスをしていきたいのですが、


まずは、典型的な身体の仕組みに沿っていないダイエットで失敗している方の特徴をお伝えします


当てはまる数が多ければ多いほど、身体の仕組みに沿った本質を改善する方法ではなく、


リバウンドのリスクの可能性が高くなり、


結果として、内臓器の不調から疾病の原因や不快な症状の原因になる可能性も高くなってしまいます



まず、今から挙げる各項目に当てはまる人は、要注意です


各項目にどんなリスクがあるのか簡単に補足文章を付け加えておきます


細かい改善の内容は次のブログで解決法として具体的なヒントをアドバイスしていきますので、


まずは自己評価から始めてみましょう



あなたは、こんなダイエットしていませんか?



・サプリメント(脂肪燃焼系やダイエットサポート系)や酵素ドリンクなどを飲めば確実に効くと思っている


※食事で補給できる各栄養素の分量(1日の推奨量)を超えて過剰に摂取すると肝臓などの内臓に負担をかけ、代謝を下げるリスクもあります


血液検査などの評価から何が不足しているか、何を過剰に摂取しているかも判断可能です


東洋医学的な評価では顔診など、身体に現われるサインでもある程度の栄養摂取の状態も推測可能です



・プロテインを飲めば筋肉がついて、痩せると思っている


※単にたんぱく質の量を増やせば良いと思っていると腎臓に負担をかけ、内臓不調からの腰痛や血液検査でもたんぱく質の過剰摂取が明らかになります


個人に合わせた体格(筋肉量、体重や運動量、目的)によってどれぐらいの摂取が必要か、たんぱく質を細胞に届けるための他の食品との最適な食べる順番の組み合わせも重要です


実際には、個人に合わせた摂取計算式で適量をオススメしています



・食事を抜けばカロリーが減り、痩せると思っている


※単にカロリーを減らすよりも不必要な食品(脂肪に直結するもの)を減らした結果、不必要な摂取カロリーが減るのが望ましいです


・ゼロカロリーの食品で痩せると思っている


※おやつ代わりに摂取するのは良いかも知れませんが、基本の食事をおろそかにすると栄養不足で代謝不良で痩せにくくなります


総カロリーが低ければ低いから良いのではなく、代謝を存分に発揮するだけの栄養バランスを摂取する方が効率的です



・運動だけすれば痩せると思っている


※1㎏の脂肪を減らすのに7200㎉の捻出が必要です


運動で換算するとフルマラソン2回半ほどでやっと1㎏の脂肪が減ります


効率的ではないので食事をメインにし、運動をサブで効率良く組み合わせましょう



・朝にフルーツとヨーグルトを食べれば痩せると思っている


※朝に血糖値を充分に上げておかないと、昼食から太りやすくなります


ちなみに果物(果糖)はウェストに関係し、乳製品(ヨーグルトなど)は上半身に関係します


次回に詳細をお伝えします



・洋食より和食の方が痩せると思っている


※和・洋・中華など関係なく、その食事メニューに含まれる食品の主成分で身体は反応します


和食だからヘルシー、洋食は太るというのも、食材で変わります



・アルコールだけでは太らないと思っている


※アルコールのカロリーでは太らなくても摂取したアルコールの種類、アルコール度数、量によって、個人の代謝がストップしている時間がわかります


・良質な脂(MCTオイル)で代謝が向上し、痩せると思っている


※脂は脂です 良質な脂でも1g=9㎉ というルールは変わりません


過剰摂取すればただ太ります


オイルの種類によっては肝臓周囲に蓄積される働きをもつものもあります



・とりあえずたんぱく質量を増やせば代謝が向上し、痩せると思っている


※たんぱく質が日頃から不足している方はたまたま代謝が向上しているだけで、摂れば摂るほど良いモノではありません


また、どんな食品でたんぱく質を摂取するかも重要です




・汗をかけば痩せると思っている


※汗は体温調節の結果です 汗をかいた分だけ痩せるというのは残念ながら都合良くいきません


適切に運動をしても汗はかきますが、汗の量でダイエット効果を判断するのは誤りです



・とりあえず糖質を0にすれば痩せると思っている


※短期間で体重は落ちますが大切な除脂肪組織(筋肉、骨、水分等)が減り、冷え性、むくみ、低体温、女性であれば婦人科系のトラブルが増えます


糖質も適正量摂取しなければ、エネルギー不足となりますので、あくまで過剰に摂取しないようにするのが適切です


個人に合わせて、1日の摂取目安量を計算する方法があります


正しいダイエットであればいつも健康的で睡眠や疲労軽減などが正常に働き、イキイキとするのが正解です



・摂取したカロリーを運動だけで取り返せると思っている


※一時的な頑張りだけでは、簡単に消費はできません


コツコツと栄養バランスを正し、運動量も適正に継続することが何よりも効果的です



・運動したからすぐご褒美でたくさん食べても大丈夫と思っている

※運動で消費できるカロリーはたかが知れています


トップアスリートのように激しい運動をする方は、食事を摂取しないとエネルギー不足で筋肉が減ったり、回復が追いつかないためたくさん食べるのです


たくさん走ったから、1時間トレーニングしたからたくさん脂肪燃焼したかというと都合良くそんなわけにはいきません


一般の方の運動レベルでは、消費が追いつかないのでご褒美はほどほどにしないと効果的ではありません



・太ればすぐ断食(ファスティング)をしよう思っている


※正しいファスティングとは、本来は医療機関での管理の下実施されるべき特定の患者に対しての治療法です


安易に一般の方が、実施すると栄養失調や大事な除脂肪組織を失うことになります


ちなみにリバウンド率も高いです



・運動をした時間で痩せると思っている


※単に運動した時間だけでダイエット効果を判断するのは誤りです


運動の内容や、質が重要なので、ダラダラと無目的の運動で時間を費やしても自己満足だけです



・体重だけ減れば痩せたと思っている


※体組成計などで体重だけを見る人も多いですが、正しいダイエットとは過剰な脂肪を減らすことが正解です


筋肉や骨などを出来るだけ減らさず、不必要な脂肪だけを減らすことが正しいダイエットとなります


余計な脂肪分だけが減り、結果として体重が減っていることが健康的なダイエットです



・起き上がる腹筋だけをすればウェストがくびれていくと思っている


※ウェスト(クビレ)を構成するためには腹筋だけでなく、肋骨周囲や脊柱、骨盤の傾き、その周囲の筋肉が関係します


腹筋1000回するよりもその人に必要なエクササイズを10回するだけでもクビレは成立します



・プランク(身体を支えるエクササイズ)チャレンジでくびれていくと思っている


※流行のプランクチャレンジですが、当スタジオではそれにより腰痛やぎっくり腰を起こした人が治療で来店されています


正しいフォームで実施するならまだしも、適切では無い姿勢でエクササイズを行うとクビレどころかケガにしかなりません


また、プランクというエクササイズだけでくびれません


クビレを構成する筋肉や適切な骨格の位置がありますので、非効率的です



・体組成計で体重だけの減り具合をみてダイエット成功したと思っている


※体重よりも脂肪量、筋肉量の推移を見ていきましょう

また、女性の場合はホルモンバランスにより生理周期によって体重の増減が発生します

周期によっては、水分をため込む時期もありますので、常に減っているから良いとか

増えたからあわてて食事量減らすのも誤りです

場合によっては、2~3㎏は増減するのが正しいのであまり慌てないようにしましょう



・短期間のダイエットの成果だけで上手くいっていると思っている


※よく「2ヶ月で痩せますか?」など短期間で痩せることが正しいと思っている方が多いのですが、


重要なのは過剰に脂肪が増えないように、ダイエットで理想体型になった後も維持・継続できるように生活習慣を正し取り戻すことです


一時的に痩せたけど、その後はリバウンドをした、もしくは調子が悪くなったなどは根本的に何も変わっていません


結婚式やモデルでの仕事などでやむを得なく減量しないといけない場合を除いて、


健康的な習慣を継続させて一生リバウンドしにくい状態にするのが適切です


もちろん人によっては適切にダイエットを実践し、短期間で痩せる人もいるでしょう


でもほとんどの方が数年かけて太っている方が多
く、自分の都合だけでダイエットを進めるのではなく、身体の仕組みに沿ってダイエットを進めるのが望ましいでしょう




さて、他にもたくさんあるのですが、ざっとまとめるだけでも数多くあります


もちろん一つ一つに解決法がありますので、次回にアドバイスをまとめていきましょう



あなたがますます健康で幸せであることを僕は応援しています☆
健康に感謝☆
読んでいただいたあなたに感謝☆


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


創健スタジオSASUKEの特徴

予防医学健康法「SASUKE」を用いたSASUKE式ボディメイクは、

健康の柱となる「血流」「姿勢」「呼吸」「栄養」の4つのバランスを整えます!

KAATSUトレーニング・ピラティス・整体・栄養学・東洋医学等を総合的に組み合わせたオリジナルの健康法となります!

私たちの体には自己治癒力が備わっており、快適に過ごせるように設計されています!

しかし何らかの原因でこれらがうまく働かず不健康の状態に陥ってしまっているのです!

身体が本来持つ自然治癒力を回復・増進し導くお手伝いです!

生理性の維持を困難にしている原因を多方面から解明しそれに対する施術を行い日常生活のアドバイス・快適な生活のためのお手伝いです!

アンチエイジング、ダイエット、身体の不調からの改善、美姿勢、リハビリなどを目的とする方にオススメです!

今までの実績


競輪選手の動作改善(ピラティスを主に用いて)

野球選手の肉離れの早期回復及びパフォーマンスアップ(KAATSUリハビリ&最新電気治療&ピラティスを用いて)

女性のむくみ、冷え性、肌荒れ、不妊症、血流循環不良による婦人科系のトラブルの改善(KAATSUトレーニング&ピラティス&SASUKE式整体)

頭痛改善(栄養改善&ピラティス&SASUKE式整体)

半身麻痺の患者の運動機能改善(最新電気治療&KAATSUリハビリ&SASUKE式整体)

高齢者の関節痛や神経痛改善(最新電気治療&ピラティスや歩行指導、姿勢指導等の運動療法&栄養改善)

リバウンドさせない健康ダイエット(栄養改善&KAATSUトレーニング&ピラティス&SASUKE式整体)

プロのトップモデルに対する歩行指導及びセルフコンディショニング指導

椎間板ヘルニアや重度機能障害の運動療法機能改善及び早期回復(最新電気治療&ピラティス&KAATSUリハビリ)

美肌ケア(最新電気治療&栄養改善指導)

モテ姿勢指導(健康歩行と美姿勢歩行指導&各動作の機能改善)

骨折や捻挫等、スポーツ障害や日常生活での機能回復及びリハビリ(最新電気治療&KAATSUリハビリ&ピラティス&栄養改善)

運動部学生へのパフォーマンスアップ指導及びケガの予防、セルフケア指導等(最新電気治療&ピラティス&栄養改善)※出張含む

【メディア出演】

「覚悟の瞬間 やりたいことを極めた大人がカッコイイ」

http://www.kakugo.tv/person/detkbm3zb.html



「生活情報サイト 日本元気レポート ゲストレポーター佐藤弘道」

http://www.hoyumedia.com/co/rd/sasuke/


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

カテゴリ:

< 笑うと痩せるのはほんまでっか? 呼吸と笑いの関係  |  一覧へ戻る  |  春に綺麗になりたい方へ 成功するダイエットと失敗するダイエット 失敗から成功に導く具体的な改善法 >

同じカテゴリの記事

2018/03/21サスケの雑学ダイエットトレーナー サスケトレーニング栄養健康法

春に綺麗になりたい方へ 成功するダイエッ…

久留米の創健スタジオSASUKEのサスケです☆ さて、前回のブログではダイエットで失敗する方の特徴…


2018/03/17サスケの雑学ダイエットトレーナー サスケ呼吸健康法

笑うと痩せるのはほんまでっか? 呼吸と笑…

久留米の創健スタジオSASUKEのサスケです☆ 今日は呼吸と「笑う」をコラボさせてみたお話しです   …


2018/03/16サスケの雑学トレーナー サスケ東洋医学栄養健康法

あなたはフードファディズム?

久留米の創健スタジオSASUKEのサスケです☆ さて、その時々で流行する様々な健康法や健康食品などが出現します 本質を高…


2018/03/15サスケの雑学トレーナー サスケ栄養健康法

☆2月19日 親子イベント ご報告☆

久留米の創健スタジオSASUKEのサスケです☆ 報告が遅くなりましたが、 先日(2月19日)は、親子イベントで子供の発達…


2018/02/07サスケの雑学トレーナー サスケ

東洋医学と栄養学のコラボで何がわかる?

久留米の創健スタジオSASUKEのサスケです☆ 連日、寒い日が続きますね あと、スタジオ公式アプリのダウンロードありがと…


アクセスよくある質問

このページのトップへ