HOME > SASUKE BLOG > サスケの雑学 > ヒポクラテス健康法と予防医学健康法SASUKE あれもこれも食べたいよ~ 食べすぎる原因って何?

SASUKE BLOG

< ヒポクラテス健康法と予防医学健康法SASUKE  歩くとHAPPYになれるのはホント?  |  一覧へ戻る  |  栄養コンシェルジュ2ッ星コース養成講習第1日目 >

ヒポクラテス健康法と予防医学健康法SASUKE あれもこれも食べたいよ~ 食べすぎる原因って何?

久留米の創健スタジオSASUKEのサスケです!


朝晩少し肌寒くなって、涼しくなってきましたね!


もうすっかり秋らしい気候ですね☆


あなたは体調は大丈夫ですか?


前回のブログの続きです!


今回は秋にはふさわしいテーマ「過食(食べすぎちゃう)の原因」です!



「なんでこんなに食べすぎんねん」


「秋は毎年太ってしまうねん」



と思うあなたへ


医学の父、ヒポクラテスが残した格言を僕なりに解釈し、現代版に少しまとめてみました!


僕が5~6年後に健康本を出す予定ですが、そのときにはもっと多くの健康法が組み合わされます!


ヒポクラテスと当スタジオオリジナルの予防医学健康法「SASUKE」



が組み合わさるときっと面白いでしょう!


興味ある方は、ぜひ読んでね☆




【ヒポクラテスの格言25ヵ条を現代版で説明】

 

2.火食は過食に通ず


これから食欲の秋の季節ですね☆


秋の旬の食べ物と言えば何が思い浮かびますか?


サツマイモ、栗、カボチャ、サンマ、梨、ぶどうなどたくさんあります


よくよく考えるとサツマイモ、栗、カボチャは、糖質なので食べすぎると皮下脂肪がたくさん蓄積されていきます


また、秋には美味しい果物が目白押しですが、これらも食べすぎると内臓脂肪に直結するのでウエスト周りから太くなっていきます


よって秋に太る原因は、まさしく偏った栄養バランスによるものと言えます


秋の食材そのものが悪いのではなく、良かれと思って必要以上に食べすぎることが問題なのです


さて、少し考え方を変えましょう


なぜ、そもそも食べすぎると太る必要があるのでしょうか?


実は人間の進化の歴史が関係するのです


昔、人間が飢餓を乗り越えるために「脂肪としてエネルギーを蓄える」能力を発達させました


狩りをしたり、いつ食べ物が手に入るかわからないために食べたエネルギーを保存するためです


その能力が現代人にももちろん備わっているので、飽食の環境では脂肪蓄積によく働いているのです


肥満遺伝子を調べても、先祖から受け継がれた遺伝子を我々はもっています


つまり、食べてすぐ太る方は優秀な遺伝子をもっているということになります


さて、話をヒポクラテス健康法に戻します


火食とは、火を通した食事のことです


煮物、焼き物、揚げ物などです


現代では加工した食品を電子レンジでチンすれば、


冷めた料理も加熱した状態と同じように温かく食べることがいつでも可能となりました



・おいしく食べられることが増えたこと


・いつでもどこでも食物が手に入る環境が増えたこと


・白砂糖、乳製品、脂などを含む高カロリーな食べ物が増えたこと



いつでも食べ物が手に入る豊かな環境になったことが、過食になった原因でもあります


生食においては、果物や生野菜等が挙げられます


これらにはビタミンやミネラル、酵素など重要な栄養素が含まれています


火を通すとビタミンやミネラル酵素は調理法により、減少、失活(本来の栄養素が壊れ失うこと)してしまうものがあります


火食や生食に偏るのでは無く、火食のものと生食のものをバランス良く食べることが望ましいです


また、調理の際の調味料も賢く選ばないとカロリー過多、脂過多になります


最近では、脂についてよくTVやメディアで注目されています


亜麻仁油はオメガ3系


ごま油はオメガ6系


オリーブオイルはオメガ9系


ココナッツオイルは植物性の飽和脂肪酸



良質な油を摂取することは重要ですが、あくまでサラダ油からエゴマ油にするなど置き換えるだけにしましょう!


どれだけ良質な油でも1gあたり9キロカロリーです


摂りすぎれば油過多となり、脂肪がただただ増えます


良質な油に、脂肪燃焼の効果があったとしても、どんな食品にも油をかけて食べるのはNGです


CMでよく見かけるのが、芸能人が何にでもかけて食べている風景がありますが、はっきりいって摂りすぎです笑


最後に食べ過ぎを防ぐ方法をご紹介します


①食べ物を目に見えるところに置かない

人は目の前に食べ物があるとつい食べてしまいます

お菓子や果物など食卓の上に置かず、手の届かないめんどくさいところにわざと保管しましょう


②過食は無駄買いから始まる

そもそも食べるものが無ければ、食べる行為はできません

スーパーやコンビニ、ドラッグストアなどでは、人間の心理をうまく活用したコーナー配置をされています

ものの見事に皆がつい購入してしまうのです

お菓子が好きな人であれば、お菓子コーナーを避けて、買い物をしましょう

このように目に入らなければ買う可能性は低くなります

③中華料理方式では無く、ワンプレート方式で食べましょう

大皿に盛って、それぞれが食べる方法だと、ついつい多めに食べてしまいます

取り皿にあらかじめ取り分けておくと、大幅に食べすぎることは防ぐことが可能です


④外食は食べ放題よりも定食を選びましょう

食べ放題だとついつい元を取ろうとして無理してたくさん食べてしまいます

よって、無駄に食べすぎるのです

定食の方が、バランス良く栄養素が摂取できる可能性が高いです


⑤ランチメニューは元々男性向けの量設定

ランチメニューは安く、通常よりもお得感があるのが嬉しいです

が、ご飯やおかずの量は男性向けのガッツリ食べられる量の設定をしているところがほとんどです

よって、女性でOLさんやデスクワーク主体で仕事中に運動量が少ない方は、ランチのご飯の量を少し減らすなど工夫が必要です

もちろん、夜にガッツリ食べるよりかは代謝がバンバン働いている昼に一番多く食べて良いのですが、食べ過ぎ要注意です

毎日オフィス近くでランチを食べている方は工夫することをオススメします

⑥もったいない精神を捨てましょう

日本人は特に昔から、「出されたご飯は残さず食べましょう」とあります

「お残しは許しまへんで」とあるアニメでもあるように、残すことを悪いことと思う事も多いでしょう

確かに、我々は動物や植物の命のエネルギーをいただいているわけですから、それに対しては感謝が必要です

もったいないと思うならば、なおさら食事量をコントロールする必要があります

外食であれば食べることのできる範囲で、注文しましょう

自宅での自炊料理もいっぱい作りすぎたから全部食べるのではなく、保存できるアイテムも充実しているので冷凍や冷蔵など工夫しましょう

もったいない精神は大事かもしれませんが、過食によって肥満になり、様々な病気の引き金になってしまったら命がもったいなくなりますよ

⑦ストックを置かない

ストックがあるとついついおかわりしてしまったり、追加で食べてしまいます

災害時や体調不良の時は、いざというときに備えて便利ですが、健康なときは過食につながる危険性もあります

コンビニやスーパー、ドラッグストアなどが近くにある場合は、すぐに買いに行けるので、ストックしすぎないようにしましょう

⑧野菜はバケツ3杯分食べても問題なし

野菜は山ほど食べても、問題ありません

ビタミンやミネラル、酵素などが摂取でき、野菜から食べると血糖値が上がりにくいこともご存じだと思います

ただし、注意点として野菜でも糖質を含むものに気をつけましょう

サツマイモ、ジャガイモ、ヤマイモなどのイモ類、カボチャ、とうもろこし、れんこん、栗、グリーンピースや小豆など大豆以外の豆類などがあります

意外と糖質を含むものがあります


これらを意識して食べすぎないように工夫してみてくださいね☆


東洋医学的にも栄養学的にもバランス良く食べることが基本です


あなたがますます健康で幸せであることを僕は応援しています☆

健康に感謝☆

読んでいただいたあなたに感謝☆


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


創健スタジオSASUKEの特徴

予防医学健康法「SASUKE」を用いたSASUKE式ボディメイクは、

健康の柱となる「血流」「姿勢」「呼吸」「栄養」の4つのバランスを整えます!

KAATSUトレーニング・ピラティス・整体・栄養学・東洋医学等を総合的に組み合わせたオリジナルの健康法となります!

私たちの体には自己治癒力が備わっており、快適に過ごせるように設計されています!

しかし何らかの原因でこれらがうまく働かず不健康の状態に陥ってしまっているのです!

身体が本来持つ自然治癒力を回復・増進し導くお手伝いです!

生理性の維持を困難にしている原因を多方面から解明しそれに対する施術を行い日常生活のアドバイス・快適な生活のためのお手伝いです!

アンチエイジング、ダイエット、身体の不調からの改善、美姿勢、リハビリなどを目的とする方にオススメです!

今までの実績


競輪選手の動作改善(ピラティスを主に用いて)

野球選手の肉離れの早期回復及びパフォーマンスアップ(KAATSUリハビリ&最新電気治療&ピラティスを用いて)

女性のむくみ、冷え性、肌荒れ、不妊症、血流循環不良による婦人科系のトラブルの改善(KAATSUトレーニング&ピラティス&SASUKE式整体)

頭痛改善(栄養改善&ピラティス&SASUKE式整体)

半身麻痺の患者の運動機能改善(最新電気治療&KAATSUリハビリ&SASUKE式整体)

高齢者の関節痛や神経痛改善(最新電気治療&ピラティスや歩行指導、姿勢指導等の運動療法&栄養改善)

リバウンドさせない健康ダイエット(栄養改善&KAATSUトレーニング&ピラティス&SASUKE式整体)

プロのトップモデルに対する歩行指導及びセルフコンディショニング指導

椎間板ヘルニアや重度機能障害の運動療法機能改善及び早期回復(最新電気治療&ピラティス&KAATSUリハビリ)

美肌ケア(最新電気治療&栄養改善指導)

モテ姿勢指導(健康歩行と美姿勢歩行指導&各動作の機能改善)

骨折や捻挫等、スポーツ障害や日常生活での機能回復及びリハビリ(最新電気治療&KAATSUリハビリ&ピラティス&栄養改善)

運動部学生へのパフォーマンスアップ指導及びケガの予防、セルフケア指導等(最新電気治療&ピラティス&栄養改善)※出張含む

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



カテゴリ:

< ヒポクラテス健康法と予防医学健康法SASUKE  歩くとHAPPYになれるのはホント?  |  一覧へ戻る  |  栄養コンシェルジュ2ッ星コース養成講習第1日目 >

同じカテゴリの記事

2017/10/08サスケの雑学トレーナー サスケ東洋医学

ヒポクラテス健康法と予防医学健康法SAS…

久留米の創健スタジオSASUKEのサスケです! 先日、季節の変わり目と乾燥としゃべりすぎで久しぶりに喉がやられました カ…


2017/10/04サスケの雑学ダイエットトレーナー サスケトレーニング栄養健康法

栄養コンシェルジュ2ッ星コース養成講習第…

久留米の創健スタジオSASUKEのサスケです! 先日は栄養コンシェルジュ 2ッ星コース養成講習第1日目無事に開催致しまし…


2017/09/22サスケの雑学トレーナー サスケ

ヒポクラテス健康法と予防医学健康法SAS…

久留米の創健スタジオSASUKEのサスケです! 前回のブログの続きです! 医学の父、ヒポクラテスが残した格言を僕なりに解…


2017/09/21サスケの雑学トレーナー サスケ栄養健康法

不健康で悩む現代人にこそ知って欲しい、2…

久留米の創健スタジオSASUKEのサスケです! あなたは医学の父、ヒポクラテスが残した格言をご存じでしょう…


2017/09/17サスケの雑学トレーナー サスケ

アップル創業者 スティーブ・ジョブズ氏…

久留米の創健スタジオSASUKEのサスケです! あなたは、アップル創業者スティーブ・ジョブズ氏の最後の言葉をご存じでしょ…


アクセスよくある質問

このページのトップへ